麺のコシはこうして生まれる、うどんの本場香川の職人技!

日本では、江戸時代に2つの庶民の味が生まれました。その1つがうどんです。そして、うどんの本場と言われているのが日本の西、四国地方にある香川県です。あの小さな県には目を疑うほどのうどん屋さんが店を構えており、数年前には香川のうどんをテーマにした映画なども放映されました。なぜ、香川のうどんは美味しいのか。今回は、その秘密を紹介したいと思います。

うどんと言えば、安価で手間いらずというのが売りの食べ物です。春夏秋冬、その季節に合った食べ方をすれば、1年を通して味わう事ができる優れもの! でも、うどんが持つ本当の魅力はそういったものではありません。うどんの魅力、それは麺が持つというコシ。香川県のあるうどん屋さんでは、麺にコシを入れるため早朝から6時間かけて麺の上を足踏みして作るそうです。しかも、ただ単に麺の上を踏むのではなく、全てのうどんのコシを均一にするために、かける圧力(体重)を調整しながら踏んでいると言います。しかも、その作業ができる職人さんはたったの3人。その選び抜かれた職人が、3万食分をたったの6時間で仕上げるというのはかなりの重労働だと思います。

こうして作られるのが讃岐うどん。ちなみに、うどんを味わうための大切な食べ方は、麺を噛まないでそのまま飲み込む事だそうです。そうする事で、うどんが持つ喉ごしを感じる事ができると言います。自宅でうどんの麺を茹でる時にも、お湯の中を自由に泳がせて指し水をしないのが1番。何だかうどんって奥が深いものなのですね。人妻 出会い